default-logo
外国人エグゼクティブ向け料理教室

外国人のエグゼクティブ・幹部・VIPの
接待・おもてなしに最適
「外国人向け料理教室プログラム」

外国人幹部・VIP向け料理教室(接待、おもてなし)

外国人の幹部・VIPに選ばれる築地クッキング

1. The Wall Street Journalの読者(ビジネス・エグゼクティブ)に対する特別クラスを提供

(ア) 世界最大の経済・ニュースメディアThe Wall Street Journal (WSJ、ウォールストリートジャーナル)。読者はグローバルのビジネスエグゼクティブを対象としたニュースメディアです。Tsukiji Cooking は、ウォールストリートジャーナルと提携し、WSJの購読者様に対して特別クラスを定期的に提供しています。

(イ) また、WSJ+(WSJ購読者向けロイヤリティプログラム)にて特設サイトを開設しています。

2. グローバルトップ企業のエグゼクティブ、世界的な企業オーナーが活用

(ア) グローバルトップ企業:検索エンジンで世界No.1の企業様の経営幹部、グローバルトップの製薬企業の幹部(取締役以上)、日本を代表するグローバル機器メーカーの海外支社長など、国内外のグローバル企業の幹部の方にご活用いただいております。

(イ) プライベートでのクラス:富裕層向けでは、ハリウッドスター、グローバルベストセラー作家、世界的な企業のオーナーなどがお客様としてご利用いただいております。

3. 世界の富裕層向けトップメディアに掲載

Business Traveller、CNN、Foodies Go Localなどの世界の富裕層向けメディアにて築地クッキングは掲載され、「日本における外国人富裕層向け料理教室」として評価されています。

外国人VIPに料理教室が求められる背景

1. 本当の日本文化体験を求める外国人エグゼクティブ

最近、「“高級料亭や観光スポットはもう飽きた。本当の日本文化を体験したい(Hands-on Cultural Experience)”、“寿司を食べるだけでなく、実際に自分で作る体験をしてみたい”と外国人エグゼクティブ・VIPが口を揃えて言っている」と、日本人スタッフや秘書の方からのお問い合わせを頻繁に頂いております。

海外で広まる日本食・日本酒ブームを背景に、外国人エグゼクティブは、日本食、日本酒、そして日本文化を学びたいというニーズがあります。外国人のエグゼクティブ・VIPの方々が、日本の文化や食文化を“観光客”レベルではなくよりリアルな形で体験したいとのニーズが顕在化してきていると考えられます。

2. 高まる“チームビルディング・クッキング”のニーズ

海外では、“チームビルディング・クッキング”というチームビルディングの手法が一般的です。日本人幹部、外国人幹部を交えて、チーム力強化の一環で料理体験を求められています。

料理体験を通じて日本流の“おもてなし”を

食体験こそ外国人VIPが求める”おもてなし”の形

このような高まる日本食体験のニーズに対して、日本人の幹部・スタッフが料理教室体験を通じて外国人エグゼクティブと日本の文化体験を共有し、説明することで、日本人に対する理解やおもてなしの心を伝えることができます。

築地クッキングが選ばれる理由

1. プログラムのカスタマイズが可能

(ア) 外国人エグゼクティブへの対応力:健康意識の高い外国人エグゼクティブ・VIPの場合、ベジタリアン対応、ハラル対応、グルテンフリー対応などよりきめ細やかな食事の面での対応が求められます。また、サービスの質と同時に堅苦しさではなく楽しさを生む雰囲気作りも求められます。築地クッキングでは、日本における外国人向け料理教室のパイオニアとして、テイラーメードのプログラムと外国人向けサービスを他社に先駆けて提供して参りました。

(イ) 外国人目線のオリジナルプログラム:築地市場ツアー、利き酒テイスティング、和食と日本酒のペアリング、ミシュラン星料理人招聘などの多様なニーズに応じてプログラムのカスタマイズが可能です。また、体験の目的として、チームビルディング的要素(チームボンディング強化など)を意識したプログラム設定も可能です。これらのプログラムは“外国人目線”にこだわってきた築地クッキング独自の内容であり、日本人向けを主体とする料理教室のそれとは一線を画します。

2. 快適なファシリティとプライベート空間

(ア) プライベートな空間を提供:参加者メンバー同士がプライベートかつ和モダンな空間で共同体験をすることが可能です。

(イ) 大人数や会議室でも対応可能:必要に応じて、御社指定の場所(会議室など)への出張プログラムも可能です。

お客様の声

「グローバル企業の幹部間のコミュニケション改善に最適でした」

築地市場で実際に新鮮な魚や野菜を買い出し、そして日本人幹部と一緒に寿司を作った体験は、日本滞在中一番印象深いものでした。この共同体験がグローバルの幹部同士間のチームワーク改善のきっかけになったと考えています。

また、個人的趣味として特に今まで学びたかった日本酒のテイスティングは非常に勉強になりました。ニューヨークに戻ったらさっそく寿司屋で獺祭をまた試してみたいです。

----- グローバル企業(自動車メーカー) 北米責任者・取締役(アメリカ人)

お問い合わせ

外国人エグゼクティブに料理体験のおもてなしを!

外国人のエグゼクティブ向けプログラムにはニーズに基づいたカスタマイズが必須です。まずはエグゼクティブ向けプログラムに関してお気軽にお問い合わせください。他社事例を踏まえ、御社なりのプログラムを設定させて頂きます。



お問い合わせはコチラ